個人向け国債の利率は何パーセント?

「普通預金や定期預金の利率が低いから、個人向け国債を買って見ようかな」

「個人向け国債の利率っていいの?」

この記事では、個人向け国債の利率について書いてみます。

個人向け国債の利率は何パーセント?

個人向け国債は3種類ありますが、2020年6月現在の利率(表面利率、クーポンレート)は…

3種類とも0.05%です!!!

個人向け国債の利率計算方法は?

固定3年

まずは「固定3年」から見ていきましよう。

利率の算式は「基準金利 - 0.03%」となっています。

記事執筆日現在に募集している第121回(募集期間:令和2年6月4日~6月30日)の基準金利は

「-0.18%」

え? マイナス?

ということは利率の算式に当てはめてもマイナスじゃん…

国債を買ったら、国にお金を貸したはずの自分が利息払わなければならないの?

と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

個人向け国債には「0.05%」(年率、税引前)の最低金利が保証されています。

固定5年

続いては「固定5年」を見てみます。

利率の算式は「基準金利 - 0.05%」となっています。

記事執筆日現在に募集している第第111回(募集期間:令和2年6月4日~6月30日)の基準金利は

「-0.13%」

こちらも基準金利はマイナスですが、

固定5年も同じく「0.05%」(年率、税引前)の最低金利が保証されています。

変動10年

最後に変動10年です。

「変動」の名の通り、変動10年は利率が半年毎に変わります。

利率の算式は「基準金利 × 0.66」となっています。

利子計算期間が令和2年1月16日から令和2年7月15日の基準金利は

「-0.04%」

こちらも基準金利はマイナスですが、

変動10年にも「0.05%」(年率、税引前)の最低金利が保証されています。

定期預金の金利と、個人向け国債の利率はどれくらい違う?

では、定期預金の金利と個人向け国債の利率(表面利率)を比較してみましょう。

※定期預金は記事執筆日(2020年6月25日)現在における都市銀行の定期預金金利です。

定期預金
3年
個人向け国債
固定3年
0.002%0.05%

定期預金
5年
個人向け国債
固定5年
0.002%0.05%

定期預金
10年
個人向け国債
固定5年
0.002%0.05%

いずれも25倍の違いとなっております(年率、税引前の単純比較です)。

定期預金は複利の商品もありますが、元本が多くないかぎり、その差はあまり変わらないと思います。

定期預金以外の選択肢として、個人向け国債も検討してみるのはどうでしょうか?

※本記事で使用しているロゴは、財務省 個人向け国債のページより使用しております。
注意

・検討の際は、最新の金利動向をご確認ください。
・資産運用はご自身の判断でお願いします。