ボーナスは貯蓄?投資?ローン返済? (パート2)

前回の記事(パート1)では、ボーナスの使いみちとして、

まずはローン返済クレジットカードの返済を優先してください、とお伝えしました。

この記事では、「貯蓄」と「投資」について書いていきます。

 

ボーナスの使いみちはこの順番で!

では、前回記事のおさらいからですが、

ボーナスの使いみちは次の順番で考えてください。

「ローン返済」→「貯蓄」→「投資」

 

毎月の家計、黒字ですか?

では、貯蓄について考えてみますが、その前に…

皆さんの家計は、毎月黒字になっていますか?

収入(手取り)よりも支出が多くなっていませんか?

毎月の家計が赤字だ、という方は、まずは家計を毎月黒字にすることを目標にしてください。

 

特に毎月の家計が赤字で、ボーナスで補填している、という方。

今年はコロナウイルスの影響で、「ボーナスが減った」、「ボーナスが出なかった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

「ボーナス返済ができない」、「ボーナス返済したら残りのボーナスがほとんどない」という自体に陥らないためにも、

毎月の家計の黒字化を目指してください!

 

そもそも毎月の収支を把握していないという方は、こちらの記事でも書いていますが、家計簿アプリの利用がおすすめです。

 

「貯蓄」はいくら必要?

では、ここまででボーナスは「自分へのご褒美」→「ローン返済」の順で使ってくださいとお話してきましたが、

次に貯蓄はいくら必要か?について考えてみます。

 

皆さん預貯金はありますか?

「なかなか貯金ができない」という方も多くいらっしゃるかもしれませんが、

まずは毎月の家計を黒字にして、ボーナスも預貯金に回せる家計にしてください。

 

そして、貯蓄に関してよくあるお悩みですが、

「手元に置いておく預貯金はどれくらいあれば良いか?」ですが、

貯蓄は支出の3か月分貯めよう!

を私はおすすめしております。

「3か月分では不安だ」という方はもう少し貯めてもかまいません。

 

ただし、あまり多くを預貯金にしておくのはおすすめできません。

なぜなら、現在の預金金利がかなり低いからです。

多くの方は毎月の給与やボーナスを普通預金や定期預金に入れたままにしていると思いますが、

こちらの記事でも書いているように、普通預金や定期預金にお金を置いていても、残念ながらほとんど増えません。

 

なので、支出の3か月分が貯まった方は、次の「投資」を考えてください。

 

投資は何から始めたら良い?

ここまで、ボーナスの使いみちとして、

自分へのご褒美」→「ローン返済」→「貯蓄」を見てきましたが、

「まだボーナスがある」という方は、「投資」を考えてみてください。

 

いきなり「投資」と言われても、投資をやったことない方は不安だと思います。

なので、「投資が初めて」という方は、「投資信託」をおすすめします。

特に「インデックス投信」というのが一番おすすめですが、

詳しくは今後の記事で書いてみたいと思います。

 

気をつけていただきたいのは、「投資」でいきなり「FX」や「仮想通貨」などには手を出さないでください。

 

今日はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

注意
・ご検討の際は、最新の金利動向をご確認ください。
・資産運用はご自身の判断でお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です