マネーフォワードのリニューアル騒動について思うこと

それは2020年7月7日、七夕の日、

マネーフォワードさんが、皆んなの願いを叶えた日

 

…になるはずが、Twitter上に溢れたのがこの文字。

「マネーフォワード 改悪」

ということで今回は、

マネーフォワードMEのWeb版リニューアルについて書いてみます。

 

注意
本記事の筆者は、同社の関係者ではありませんので、個人の見解および想像を書いております。

リニューアルの時系列について

 

リニューアルした理由(想像)

「アプリとWebで見た目が違うから使いにくい」という声があったのか…

アプリ版とWeb版を併存、維持させるのがしんどくなったのか…

Web版で使用頻度が低い機能をPV等で把握し、機能から外そうとしたのか…

一部のページ表示がサーバーに負荷を与えていたのか…

フラットデザインを採用したかったのか…

 

炎上してしまったのは、長年使用しているユーザーの声が、

機能面で満足しているがゆえに開発側に届かず、

不満がある一部の人の声を過大に評価してしまい、

リニューアルに至ったのかと…(勝手な想像です)

 

リニューアル画面の感想

私は、マネーフォワードME利用歴1年2か月ほどの有料会員です。

アプリは毎日何度も確認しています。

「誰か口座に入金してくれていないかな…(そんな人いない)」
「株価上がったかな…」
「ポイント増えてるかな…」

というような感じで。すみません、余談でしたね。

 

一方で、Web版はほとんど利用していません。月に2、3回開く程度です。

なので、今回のリニューアルはTwitter(のマネーフォワード改悪ツイート)で知りました。

すぐにWeb版のマネーフォワードを開いて、リニューアル具合を確認してみた感想ですが…

正直、そんなに悪くはないかなぁと思いました。

 

悪くなったなと感じた点は、他の方もつぶやいているように、

  • Webのワイド画面なのに余白が多すぎる
  • CSVがダウンロードできない
  • 資産の月次推移が見れない
  • マンスリーレポートがなぜか設定ボタンからの表示になった

って、結構あるじゃん(笑)。

一方で、リニューアル後のフォント配色は好きです。

 

旧バージョンへ戻すことについて

まずは、旧バージョンへ戻す(リニューアルの撤回)ことを即座に決断された同社の判断を評価したいと思います。

代表辻氏のnoteにもあるように、Twitterだけでなく、メール(サイト経由)でも無視できない数のクレームがあったのでしょう。

また、サービスの解約もリニューアル後の1日で増えたのではないかと想像します。

私も他のアプリを検討しようかと思っていましたが、

一旦、マネーフォワードを使い続けようと思います。

 

今回のリニューアルに携わった同社スタッフの皆さん、

苦情対応にあたったスタッフの皆さん、

そして旧バージョンに戻す作業に携わる皆さんの

ご心情・ご苦労も想像に難くありませんが、

1ユーザーとして、同サービスの今後のさらなる改善を期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です