遺族年金ってご存知ですか?(その2)

前回の記事では「遺族年金ってご存知ですか?」ということで、

遺族基礎年金』についてお伝えしました。

今回は続きとして、『遺族厚生年金』について書いてみます。

遺族厚生年金とは?

どのような方が亡くなられたらもらえる?

遺族厚生年金ですが、亡くなられた方は、次の要件に該当する必要があります。

  • 被保険者が死亡したとき(つまり厚生年金を払っている人ですね)
  • 被保険者期間中の傷病がもとで初診の日から5年以内に死亡したとき
  • 老齢厚生年金の受給資格期間(保険料を払っている期間)が25年以上ある方が死亡したとき
  • 1級・2級の障害厚生(共済)年金を受けられる方が死亡したとき

 

遺族厚生年金をもらえる人は?

遺族厚生年金をもらえる人について見てみます。

遺族厚生年金は、亡くなられた方によって生計を維持されていた

  • お子さんのいる妻 または
  • お子さん

は、「遺族基礎年金」と「遺族厚生年金」がもらえます。

 

その他、亡くなられた方によって生計を維持されていた、お子さんのいない妻や55歳以上の父母などは「遺族厚生年金」がもらえます。

 

遺族基礎年金はいくらもらえる?

では、遺族厚生年金がいくらもらえるかというと、

夫が亡くなられ、お子さんのいる妻に支給される遺族厚生年金の計算式は、

(A+B)✕3/4
A:平成15年3月までの加入期間

平均標準報酬月額×7.125/1000×平成15年3月までの加入月数

B:平成15年4月以降の加入期間

平均標準報酬額×5.481/1000×平成15年4月以降の加入月数

※加入月数が300月(25年)に満たないときは300月で計算

となります。なんだか複雑ですね。

平均標準報酬額(つまり収入)や、厚生年金の加入月数により、額は変わりますので、必要に応じて計算式に当てはめてみてください。

 

遺族厚生年金はいつまでもらえる?

遺族基礎年金は、お子さんのいる妻は、

お子さんが18歳になる年度までしかもらえませんが、

遺族厚生年金は、一生涯もらえます。

つまり、夫に万が一のことがあった場合、お子さんがいる妻は、

遺族基礎年金遺族厚生年金がもらえることになります。

 

なお、30歳以上のお子さんのいない妻も一生涯遺族厚生年金がもらえます。

また、30歳未満のお子さんのいない妻は、5年間のみ、遺族厚生年金がもらえます。

遺族年金についての知識があると、

生命保険に多額の保険料を払う必要は大きく減ると思いますので、ご参考にしてください。

注意
・簡便化のため、一部説明を省略している箇所がございます。詳細な年金制度および年金額については、最新の情報をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です