【ステップで解説】IPO株はどうやったら買える?

前回の記事では「IPO投資って何?」ということで、IPOについてや、IPO投資がなぜ人気なのか?について説明しました。

IPO投資に興味はあるけど、なんだか難しそう…
IPO株は自分が口座を持っている証券会社で買えるの?

という方のため、この記事では株式投資の一つであるIPO株の買い方について説明します。

 

<この記事を書いている人>
さなじん
さなじん

IPO実務検定上級レベル合格者、上場企業でのIR・経理・経営企画経験、IPO実務経験、そしてIPO株経験のある「さなじん」が書いています。

 

IPO株はどうやったら買える?

まずは、IPO投資の流れからご説明します。

新規上場承認

取引所(東京証券取引所など)への上場を企業が申請し、審査に通過すると、上場承認と言って、新たに上場する会社の情報が公表されます。

仮条件の決定

上場が承認されると、ロードショーという機関投資家周りを新規上場する会社が行い、仮条件というブックビルディングで申し込める価格の範囲が公表されます。

ブックビルディング

購入希望者から株数と価格を募り、公募価格を決めます。ここが一番重要ですが、IPOを購入するには、このブックビルディングで証券会社に対して、仮条件の範囲内で「○株を○円で買います」と、抽選への申し込みを行います。

公募価格の決定・抽選

ブックビルディングを元に、公募価格が決まり、公募価格以上の価格で申し込んだ人の中から、証券会社内で抽選が行われます。

当選・購入

見事IPO株の抽選に当選した場合、証券会社から連絡があり、購入の意思表示購入を行います。(※証券会社によって一部異なります。)

上場日

上場日になると、新規上場した株式が市場で公開され、取引が始まります。ここで初めてつく株価が初値になります。

 

ということで、IPO株を購入するには、STEP3の「ブックビルディング」という期間に、証券会社に抽選への申し込み(購入の申し込み)を行う必要があります。

 

IPO株はどこの証券会社でも買える?

では、IPO株はどこの証券会社でも申し込み・購入できるのでしょうか?

上場株式は証券口座を持っていれば、どこの証券会社でも買えると思いますが、IPO株はそうなっていません。

IPO株を買える(抽選に申し込みできる)のは、新規上場する会社の主幹事証券または幹事証券からのみとなります。

 

はい、新しい言葉が出てきましたので、(覚えなくても大丈夫ですが)説明します。

まず、主幹事証券とは、新規上場する会社と一緒に上場準備をおこない、上場に値する会社かどうか厳しい審査をおこないます。さらに取引所の審査がOKであれば、株式を会社などから買い取って、株式の売出しを引き受ける証券会社であり、基本的には1社のみです。

また、幹事証券とは、新規上場する会社の株式売出しを引き受ける主幹事証券以外の証券会社で、一般的には複数社が担当します。

 

IPO株はどこの証券会社から申し込めば良い?

ということで、IPO株を購入するには、新規上場する会社主幹事証券幹事証券証券口座を持っている必要があります。

なので、証券口座を持っていない、という方はまず、証券会社にて口座を開設してください。

 

では、購入したい新規上場会社の主幹事証券か幹事証券に口座があれば、どこでも良いか、という話ですが… 重要なのはここからです。実は、

主幹事証券が売出し株式の70%~90%などほとんどを引き受け、幹事証券には数%ずつしか割り振られない

のであります。

これまでも書いているように、IPO投資は人気なので、抽選になることがほとんどです。

つまり、売出し株式のほとんどを引き受ける主幹事証券に抽選申し込みを行えば、当選する確率は高くなる…と考えられます。

 

では、主幹事証券をつとめることが多い証券会社はどこかと言いますと、

みずほ証券、野村證券、SMBC日興証券、大和証券、SBI証券

となります。

投資したい銘柄(会社)ありきではありますが、上記5社(のいずれか)に証券口座をしておけば、IPO株の抽選に参加できる可能性はかなり高くなると思います。

 

ということで、今回はIPO株の買い方についての説明でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

注意
・本記事は情報の提供を目的としており、金融商品の勧誘を目的とするものではありません。
・IPO株の抽選や申し込みに関しては、対象企業の目論見書等をご確認の上、ご自身の判断でお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です