【比較】一般NISAとつみたてNISAどちらにする?

NISAを始めようと思うけど、ふつうのNISAとつみたてNISA、どちらを選べば良いの?
そもそもNISAとつみたてNISAはどう違うの?

ということで、この記事ではNISAでの投資を考えている方に向けて、一般NISAつみたてNISAの比較、選び方をお伝えします。

 

<この記事を書いている人>
さなじん
さなじん

NISAやiDeCoでの投資経験、2級FP技能士、上場企業でのIR・経理経験のあるさなじん@sanajin_fp)が書いています。

  

<指針>NISAの選び方は?

では早速、一般NISAつみたてNISA、どちらを選んだら良いか悩んでいる方に向けて、選び方のひとつの指針をお伝えします。

NISAは毎月の積み立て可能額で選ぼう!

一般NISAとつみたてNISAの比較?

では、一般NISAつみたてNISAの違いを表で見てみます。

一般NISAつみたてNISA
対象者20歳以上20歳以上
非課税期間5年20年
年間非課税枠120万円40万円
投資対象国内株式
海外株式

投資信託
厳選された
投資信託
買い方随時購入
積み立て
積み立て

 

 

両者の違いから考えるNISAの選び方

株式に投資したいかどうか

まず、株式に投資したい場合は、一般NISAの一択となります。

つみたてNISAでは、国内や海外の個別株式を直接購入することはできませんので、ご留意ください。

 

株式に投資する場合にご注意いただきたいのは、一般NISAでの非課税枠は年間120万円なので、個別株式を買う場合、銘柄によっては数銘柄しか買えなくなってしまう(非課税枠を使い切ってしまう)ことが考えられます。

そうすると、分散効果が得られにくくなるので、ご注意ください。

一般NISAを使う場合も、投資初心者の場合は、いきなり個別株の投資から始めるよりは、分散効果が見込める投資信託を購入するのが良いでしょう。

 

毎月の積み立て可能額から選択する

そして今回のキモですが、冒頭の指針でもお伝えしたとおり、毎月の積み立て可能額から一般NISAとつみたてNISAを選んでいただくと良いと思います。

 

仮に一般NISA、またはつみたてNISAを毎月定額で積み立てるとすると、それぞれの上限額は次のとおりとなります。

  • 一般NISA:月100,000円
  • つみたてNISA:月33,333円

つみたてNISAでは、毎月の積み立て上限額は33,333円となりますので、「毎月の積み立て額は33,333円までしか考えていない」という方はつみたてNISAを選んでください。

一方、「毎月33,333円以上を積み立てたい」という方は、一般NISAを選択していただくと良いと思います。

 

投資信託の商品数から選ぶ

つみたてNISAの特徴として、購入できる投資信託は、販売手数料がゼロ、信託報酬が一定水準以下、信託期間が無期限または20年以上、毎月分配型でない、など国が定めた基準を満たした商品のみとなっています。

つまり、投資初心者の方にとっては、選択肢が少ないので、投資対象が選びやすくなっています。

 

一方、一般NISAのほうは、各証券会社で取り扱っているほとんどの投資信託が対象となっていますので、多くの選択肢から選ぶことができます。

ある意味、投資対象は玉石混交と言ってよいので、投資信託への投資経験がある程度ある、という方は一般NISAを選んでいただくと良いと思います。

 

ご参考までに、本記事執筆時点(2020年8月16日現在)で、楽天証券においてNISA対象となっている投資信託数は次のとおりです。

  • 一般NISA:2500本以上
  • つみたてNISA:159本
  •  

    ということで、今回は一般NISAとつみたてNISAの選び方ついて説明しました。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました。

     

     

    注意
    ・本記事は情報の提供を目的としており、特定の株式、金融商品等の勧誘を目的とするものではありません。

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です