【SaaS用語解説】リカーリングビジネスって何?

前回の記事では、「【SaaS用語解説】サブスクリプションって何?」ということで、SaaSビジネスにおけるサブスクリプションについて説明しました。

サブスクリプションについてはなんとなく分かったけど、SaaS銘柄を調べていたらリカーリングという単語が出てきたんだけど…
聞き慣れない言葉だけど、リカーリングってどんな意味?

ということで、この記事ではSaaS銘柄への株式投資を考えている方に向けて、リカーリングビジネスについて説明します。

 

<この記事を書いている人>
さなじん
さなじん

上場企業でのIR・経理・経営企画経験、システム業界経験、初級シスアド、2級FP技能士、そして株式投資経験のあるさなじん(@sanajin_fp)が書いています。

 

おことわり
この記事はSaaS銘柄への株式投資を検討している方に向けて、ざっくりと理解していただくことを目的としております。

 

リカーリングレベニューとは?

リカーリングビジネスについてお話する前に、関連する用語としてリカーリングレベニューについて説明しておきます。

いきなりテーマとは違う用語を出しましたが、理解の一助になると思いますのでお読みください。

 

まず、リカーリング(Recurring)とは「繰り返される」や「循環する」といった意味があります。

つづいてレベニュー(Revenue)ですが、こちらは「収益」という意味です。

 

つまり、リカーリングレベニューを一言で言うと、

リカーリングレベニュー継続収益

となります。

 

ご注意
ここでご注意いただきたいのが、レベニューは「収益」、つまり「売上高」のほうであり、「利益」ではありません。こちらを頭の片隅において、このページの続きをお読みください。

 

リカーリングビジネスとは?

では、リカーリングビジネスとは何か?ですが、簡単に言うと「継続収益が得られるビジネス」となります。

そのまんまと言えばそのまんまですが、以下にリカーリングビジネスの例を挙げてみます。

 

コピー機・プリンタービジネス

リカーリングビジネスの例として、コピー機やプリンターがあります。

コピー機やプリンターは初めに本体を買いますが、メーカーは本体売って終わりではありません。本体を買ってくれたユーザーに対して、トナーやインクカートリッジを売り、そこから継続的な収益を上げます。

このビジネスモデルはキヤノンが有名ですよね。

 

ゲーム機ビジネス

リカーリングビジネスのもう一つの例として、ゲーム機ビジネスもあります。

こちらもプリンタービジネスと同じく、本体(ハード)を買って終わりではなく、ゲームをするにはソフトも購入する必要があります。

特に最近のゲーム機ビジネスにおいては、オンラインでゲームソフトを購入、ダウンロードして楽しむスタイルが定着しつつあります。

これをメーカー側から見ると、本体を売った後に、ソフトの販売収益を継続的に得られるビジネスモデルとなっているんですね。

 

電気・ガス・水道・電話などの公共料金

意外かもしれませんが、電気ガス水道電話といった旧来からある公共料金リカーリングビジネスと言われています。

これらの公共料金ビジネス、使用量に応じて料金が変動しますよね。サービス提供側から見ると、毎月継続的に収益を得られるビジネスとなっており、まさにリカーリングビジネスなのです。

 

サブスクリプションとの関係は?

ではリカーリングサブスクリプションはどのような違いがあるか?ですが、簡単に言うと次のような感じです。

  • リカーリング ビジネス:料金が使用量に応じて変わる
  • サブスクリプション ビジネス:料金が固定の定額制

 

先ほどリカーリングビジネスの例として挙げたコピー機・プリンタービジネスや、ゲーム機ビジネス、公共料金は、いずれも使用量に応じて月の料金が変動しますよね。

一方で、動画や音楽配信サービス、本や雑誌の定額制サービス、ファッションや車などのサブスクリプションビジネスは、料金が固定の定額制サービスとなっています。

そして「【SaaS用語解説】サブスクリプションって何?」でも書いていますが、SaaSサービスにおいてもサブスクリプション(定額制)でサービスを提供する方式が一般的となっています。

 

厳密に区別すると、料金の変動制と定額制という違いがありますが、リカーリングビジネスのひとつとしてサブスクリプションビジネスがある、と捉えていただいた方がイメージしやすいと思います。

もっと言うと、リカーリングビジネスサブスクリプションビジネスとして語られることも多くありますので、文脈によって区別してもらえれば良いと思います。

 

ということで、今回はリカーリングビジネスについて説明しました。

関連用語としてリカーリングレベニューがありますが、こちらについては別の記事で説明したいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

注意
・本記事は情報の提供を目的としており、特定の株式、金融商品等の勧誘を目的とするものではありません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です